2020-11-21
TECH CAMPTECH CAMP

【テックキャンプ】プログラミングスクール卒業後の就職活動について

【テックキャンプ】プログラミングスクール卒業後の就職活動について
目次

プログラミングスクール卒業後はエンジニアとして就職するために、転職活動を開始します。
現在プログラミングスクールに通っている、これからスクールに通うか検討している人に少しでも参考になればと思います。
また、こちらの記事で紹介する内容は僕の経験と主観なのでブログのような文章で書いていきます。

Q.プログラミングスクール卒業後、就職はできた?

結論からお話ししていきます。
「就職はできていません」

僕はプログラミングスクール、テックキャンプ受講後の就職はまだ出来ていません。
じゃあ受講後は何してたの?

僕はテックキャンプ卒業後…

「某プログラミングスクールでインターンをしていました」

僕は就職をせずに、インターンとしてプログラミングに携わるお仕事をさせて頂いてました。
メンターとして働いていた理由は、
受講生だった頃、親身になってプログラミングを教えてくれたメンターさんに強い魅力を感じたからです。
実際他の記事でも書いたように、プログラミングスクールに通って人生が変わるきっかけを得ることができました。
僕も過去の自分のような、
“挫折しそう、不安になっている受講生さん”の背中を少しでも押せるような
そして卒業後に通ってよかった。と思って貰えるようなお仕事がしたいと思い、インターンをしていました。

Q.同期は就職できた?

「できてる人も、できてない人もいます。」

まず就職できた人は
「短期集中スタイル」の人です。

短期集中スタイルで受講していた同期は、何人か就職できたというお話を
僕が受講中に聞くことができました。

僕は
「夜間休日コース」で半年間通っていました。
夜間休日コースで就職できた人は、0人です。
※2020/12/2 現在時点

Q.なぜ夜間休日コースで就職できた人数がゼロ人なの?

まず最初に伝えたいのは、夜間休日コースでも就職する人はいます。
僕らの期、夜間56期ではいないだけです。

ではどうして就職できなかったのか?
理由をいくつか上げていきます

・東京で就職先を探していない
・現在の仕事が忙しい

・家庭がある

東京で就職先を探していない

正確な情報は分かりませんが、IT企業に就職ができる確率はやはり東京の方が高いですよね。
地方と比べ、東京はIT企業の数が圧倒的に多いです。
地方に縛り就職活動をするのと、全地域、東京も含めて就職活動をするのでは、言うまでもないと思います。

テックキャンプの求人先も8割(それ以上かも?)は東京でした。

「じゃあ東京で就職先を探しなよ。」

と思う人も多いとは思います。
ですが、家庭的な問題があるんですよね。
[“子供がいる” “家のローンがある” ”介護がある”]

そういった理由で、僕の同期は地方で縛って就職活動をしていました。

就職できなかったからかっこ悪いとか、優秀ではない。とかは全く違います。
僕の同期はみんな素敵な人でした。

現在の仕事が忙しい

夜間・休日コースで受講している方は、仕事をしながらプログラミングスクールに通っている方がほとんどだと思います。
カリキュラムを全て終えてから就職活動に移りますので、
メインのお仕事があるため就職活動に当てる時間があまり取れないとい人を多くみてきました。

家庭がある

先ほどの話にも繋がってきます。
まず家庭があると、地方から東京に移るという行為も大変になりますよね。
独身が東京に移るのと、家庭がある人が東京に移るのではことの大きさが違うと思います。

転職先の給料、休日日数、
新しい職場の人間関係の不安、

その他いろいろな悩みが、
一人の場合と家庭がある場合だと、重みが違いそうな気がします。

Q.夜間・休日コースか短期コースどちらがおすすめ?

ここまで読まれたら、

「短期コースは就職ができる。
夜間コースは就職ができない。
じゃあ通うなら短期がいいの?」

と思った人も多いと思います。

これに対しては

「本気でプログラミングを使用する職業に就職したい。と目標が明確になっているのであれば短期集中スタイル」

だと感じています。

夜間休日コース、短期集中コース、どちらもメリットデメリットはあるので絶対夜間はオススメしない!
っていうことは1ミリもありません。

ではどうして短期集中コースがオススメなのか。それは

・プログラミングは短期に集中して学習をする学習方法が最適
・自分を追い込める環境が手に入る
・本気で目指しているなら、全力で行動するべき

プログラミングは短期に集中して学習をする学習方法が最適

プログラミングは、ゆっくりコツコツを学ぶよりも短期間に集中して学ぶ方が効率いいと思います。
これは僕の経験もそうですし、スクールに通っている人も話していました。

プログラミング学びたい→エンジニア転職したい→短期間で学習する→就職する

の道筋が最短ルートな気がします。

今どうしても全部の時間をプログラミングに当てれない!っていう方は全然夜間休日コースで半年間かけて学習していくのでもいいと思います。

短期で学ぶの大変!追いつかない!となると思いますが、夜間でも同じこと思います笑
そして夜間は、日が空きすぎてせっかく学んだことをほとんど忘れることもしょっちゅうありました。

自分を追い込める環境が手に入る

最近まこなり社長のyoutube動画をみたのですが、
短期集中コースは毎日1日10時間学習するんですよね。

えー!そんなにー!

と、聞くとかなり大変そうに思いますが、やはり人間て環境で変わりますよ。

教室には毎日12時間以上学習している人がざらにいるので、全然10時間の学習もできちゃいます。

同期と一緒にゼロからプログラミングを学んで成長していく環境
わからないことをメンターさんに質問できる環境

メリットはたくさんあります。

自分を追い込みすぎてメンタルが壊れそうになったら、仲間やライフコーチ、メンターに相談してください。
よくプログラミング系のインフルエンサーや本業でエンジニアをしている人は、
メンターのプログラミングスキルについていろいろ語っていますが、
僕は、メンターは挫折しないように最後まで背中を押してくれる存在だと思っています。

本気で目指しているなら全力で行動するべき

何事もそうですよ。
本気になったらもう全力で突っ走るしかないです。それが一番近道です。

短期集中コース(10週間)に通えるのであれば、短期集中コース
仕事や家庭的な理由があるのであれば、夜間休日コース

頑張ってください!
プログラミングを学ぶと決意してアクションを起こした時点でとても素晴らしいと思います。

もし自分がプログラミングにあっていないなと感じたら、受講料返金サポート期間内に辞めてしまうのも1つの手段であり、学びです。

まとめ

以上がプログラミングスクール、テックキャンプを受講し卒業した僕の感想です。
僕は現在web製作者になるために学習、就職活動を続けています。
業界未経験だと書類選考すら通らないことがほとんどで、メンタル的にもやられそうになったり、正直大変です。
でも諦めずに行動していきます。
みなさんも一緒に頑張っていきましょう!

お問い合わせありがとうございます。
お返事にお時間をいただく場合がございます。
エラーが発生しました。もう一度やり直してください。